2020年度 電子材料学特論 / FY2020 Advanced Electronic Materials (Online) (大学院情報科学院 / 情報科学研究科 / Electronics for Informatics, Graduate School of Information Science and Technology)

講義概要

情報エレクトロニクスに新しい展開をもたらしつつある新電子材料の基礎物性とデバイス応用について学習する。各種半導体,金属,絶縁体のバンド構造やヘテロ界面の物性を概観した後,基幹半導体,窒化物, 酸化物を中心とするワイドギャップ半導体,異種接合半導体,高誘電率/低誘電率絶縁体,磁性半導体,有機半導体等の先端的電子材料について,基礎物性,特色およびデバイス応用の観点から,その研究開発について理解を深める。/

Fundamental properties and device applications of novel electronic materials, which play important roles in present and future electronics, are lectured. After over-viewing band structures and hetero-interface properties of semiconductors, metals and insulators, we introduce various kinds of key semiconductors including nitrides and oxides, wide-gap semiconductors, magnetic semiconductors, organic semiconductors, semiconductor heterojunctions and high-k/low-k insulators, focusing on their characteristic properties and possible device applications.

講義担当 / Instructor 太田裕道 教授 / Prof. Hiromichi Ohta (hiromichi.ohta@es.hokudai.ac.jp)
原 真二郎 准教授 / Prof. Shinjiro Hara (hara@rciqe.hokudai.ac.jp)
山ノ内路彦 准教授 / Prof. Michihiko Yamanouchi (m-yama@es.hokudai.ac.jp)
授業予定 / Course Schedule 月・火 10:30 - 12:00 Online / Monday and Tuesday 10:30 - 12:00 Online
テキスト・教科書 / Textbooks 教科書は使⽤しない / No textbook is used in this lecture
成績評価 / Grading System 提出されたレポートにより総合的に評価する。/ Evaluation will be carried out by the use of your attendance (>60%), home works and/or examinations.
講義サイト ELMSを使用します。

講義スケジュール

No. 月日 内容 資料
1 11月30日 太田)はじめに / Introduction
2 12月 1日 太田)エピタキシャル薄膜成長 / Epitaxial film growth
3 12月 7日 太田)透明酸化物半導体 / Transparent oxide semiconductor
4 12月 8日 太田)イオントロニクス / Iontronics
5 12月14日 太田)熱電変換材料 / Thermoelectric materials
6 12月15日 原)結晶学の基礎1: 固体の結晶構造
7 12月21日 原)結晶学の基礎2 : 固体結晶物理学の概要
8 12月22日 原)結晶学の基礎3: 結晶構造評価技術
9 1月12日 原)結晶学の基礎4: 結晶成長法
10 1月18日 原)ヘテロ接合の基礎: 半導体ヘテロ接合の概要
11 1月19日 山ノ内)磁気と磁性材料の基礎1: 磁気モーメント、強磁性、常磁性
12 1月25日 山ノ内)磁気と磁性材料の基礎2: 磁気異方性、磁区、磁壁
13 1月26日 山ノ内)磁気と磁性材料の基礎3: 磁化のダイナミクス、磁性材料の応用
14 2月 1日 山ノ内)スピントロニクスデバイス1: 巨大磁気抵抗効果、トンネル磁気抵抗効果
15 2月 2日 山ノ内)スピントロニクスデバイス2: スピン注入磁化反転、電流誘起磁壁移動、スピントロニクスデバイスの応用